Tradeweb.com
  • News in the Credit Markets

    Powered by Reuters

    景気「緩やかに回復」、総括判断7カ月ぶり上方修正=1月月例経済報告
    January 19, 2018 4:37

    [東京 19日 ロイター] - 政府は1月の月例経済報告で、「景気は緩やかに回復している」と総括判断を7カ月ぶりに上方修正した。個人消費の持ち直しや雇用情勢の改善が寄与した。この表現は消費税率8%への引き上げ前の2014年3月以来。海外経済では、世界景気が「緩やかに回復している」との見方を維持し、すべての項目を据え置いた。

    仏レミー・コアントロー、第3四半期売上高は伸び鈍化、春節のずれ影響
    January 19, 2018 4:29

    [パリ 18日 ロイター] - フランスの高級酒大手レミー・コアントローが発表した第3・四半期(10─12月)の売上高は、既存店ベースで前年比3.2%増の3億1770万ユーロ(3億9000万ドル)となり、上期の7%増から伸びが鈍化した。

    東京マーケット・サマリー(19日)
    January 19, 2018 4:27

    ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

    アングル:米銀、預金金利引き上げはいつか 融資金利は上昇
    January 19, 2018 2:23

    [ニューヨーク 17日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が徐々に利上げを進めているため、米商業銀行はようやく融資金利を引き上げられるようになり、追い風を感じている。しかし預金金利の引き上げ時期を問うと、銀行幹部から返ってくる答えは「当面は予定していない」だ。

    ドル110円後半、米予算措置巡る警戒感で上値が重い
    January 19, 2018 1:44

    [東京 19日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の110円後半。米国の政府機関閉鎖に対する警戒感でドルの上値は抑制された。為替市場では、全般に気迷いムードが広がっているという。

    米SF連銀のウィリアムズ総裁、FRB副議長候補に浮上=WSJ
    January 19, 2018 1:41

    [18日 ロイター] - 米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙は18日、ホワイトハウスがウィリアムズ・サンフランシスコ地区連銀総裁を米連邦準備理事会(FRB)の副議長候補に検討していると報じた。

    日経平均は3日ぶり小反発、利益確定売りで伸び悩む
    January 19, 2018 1:32

    [東京 19日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は3日ぶりに小反発した。米国株は小安かったが、日本株は前日に下落した反動から買いが先行。一時100円を超す上昇となったが、取引時間中にドル安・円高が進行したことが重しとなった。小口の利益確定売りも加わり後場は一進一退の展開だった。

    スパークスGが帝国繊維に株主提案、配当上げ・取締役任期の短縮
    January 19, 2018 1:28

    [東京 19日 ロイター] - スパークス・グループは19日、傘下のスパークス・アセット・マネジメントの運用するファンドが帝国繊維に株主提案を行ったと発表した。

    米つなぎ予算案が下院通過、上院可決になお不透明感
    January 19, 2018 1:25

    [ワシントン 18日 ロイター] - 米下院は18日夜、政府機関の閉鎖回避に向けて2月16日までのつなぎ予算案を可決した。予算案は上院に送られたが、先行きは不透明な情勢だ。

    今年と来年、それぞれ3─4回の利上げ想定=米クリーブランド連銀総裁
    January 18, 2018 9:51

    [18日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は18日、2018年と19年にそれぞれ3─4回の利上げを実施するのが適切との認識を示した。連邦準備理事会(FRB)当局者の大方の見方よりもやや速いペースの利上げを予想した。

This website uses cookies. For information on what cookies are and how Tradeweb uses them, please see the privacy policy. By continuing to use our website, you accept our use of cookies. close message